top of page

片頭痛 正しい知識

片頭痛 正しい知識: テキスト

片頭痛の特徴

  • 20~50歳代の女性に多い(多くは30歳までに発症)

  • 頭の片側のこめかみを中心に痛み、ひどくなると頭全体に痛みが広がります。

  • 脈を打つのに合わせてズキンズキン、ガンガンと痛み、頭を振ったりして身体を動かすと痛みが強くなり、動きたくなくなります。痛みが峠を越えると脈を打つ痛みは消え持続性の痛みとなります。

  • 痛みのピークに吐き気がしたり、吐くことがあります。

  • 頭痛は月に1~2回程度で、ひとたび起こると4時間-72時間くらい続きます

  • 血縁者に同様の頭痛持ちがいます

  • 頭痛の前に前兆、予兆があります。典型的な場合は生あくび、倦怠感、首の張り、手足のむくみ、時に目の前にキラキラ光が出る場合があります。光のでる前触れのある頭痛の人は比較的少なく全体の2割程度です。その他に見られる前触れとしては身体の冷感(特に手足)、ほてり(特に顔面)を訴える人もいます。

  • 頭が痛くなるとテレビの音、子供の騒ぐ声が妙に気になりイライラしたりします。テレビのボリュームを下げたりします。

片頭痛 正しい知識: テキスト

片頭痛の診断基準

「前兆のない片頭痛」の定義は、国際頭痛学会によって決められています。

  1. いままで下記 2~5を満たす頭痛が5回以上の発作があった

  2. 頭痛発作が4-72時間持続する

  3. 次のうち、少なくとも2項目を満たす

    • 片側の頭痛

    • ズッキンズッキンする頭痛

    • かなり強い頭痛(日常生活が妨げられる)

    • 階段の昇降など日常的な動作により頭痛が増悪する

  4. 発作中、次のうち1項目を満たす

    • 吐き気か嘔吐

    • 光過敏と音過敏

  5. 症候性頭痛(「悪玉頭痛」)を否定できる

片頭痛 正しい知識: テキスト
bottom of page