top of page

群発型頭痛

群発型頭痛: テキスト

群発頭痛の特徴

頭痛が、いったん起こり始めると1~2ヵ月間の間、連日のように群発するのが特徴です。ちょうど「群発地震」のような起こり方です。

  • 発症年齢は20-40歳台

  • 男性に多いタイプの頭痛です。
    片頭痛は女性に多い頭痛です。

  • 群発頭痛は「男性専科の頭痛」といえます。

  • 群発期は年に1~2回、あるいは2~3年に1回にあらわれます。その期間が過ぎれば、まったく頭痛は起こりません。

  • 頭痛の頻度は:
    1日1回です(隔日~1日8回の幅で起こります)。

  • 1回の頭痛は1時間程度で自然に治ります(15分~3時間の幅で起こります)。

  • 片方の眼、眼の上、こめかみのあたりの「えぐられるような」激しい頭痛です。

  • 頭痛の強さは:
    頭をかかえてころげまわるほどの強さです。大げさではなく、患者さんはじっとしていられないのです。 片頭痛は逆に身動きがとれません。「(頭痛が)ひどいときは頭をハンマーで叩き血だらけになった事も何度かありました」

  • 睡眠中に起こりやすい頭痛です。明け方の痛みで目をさますことが少なくありません。

  • 発作中、頭痛の側の眼が充血したり、涙が出たり、鼻が詰まったり、鼻汁が出たり、顔に汗をかいたり、まぶたがさがったり脹れたりすることがあります。

  • 片頭痛と違って吐き気や嘔吐はあまりありません。

  • 10万人当たり56ー401人(片頭痛は7056人)

  • アルコール、ヒスタミン、ニトログリセリンで誘発されます。

  • 大酒家、ヘビースモーカーが多い。

  • 遺伝的因子も言われ家族内には5-18倍なりやすい。

  • 群発頭痛の家族には5%に家族歴がある。

原因として考えられているものは

  1. 視床下部に調節機能がある
    PETで視床下部後部に活性化がある。

  2. 三叉神経の活性化との関連


  3. 群発頭痛発作の最中に頚動脈のCGRP、VIP増加が確認され酸素、イミグラン注射によりCGRP(三叉神経との関連が判明した三叉神経から放出されるペプチド)減少が確認された。

  4. 内頚動脈周囲に原因を求める
    内頚動脈の拡張が静脈うっ血を起こすとする。

群発頭痛の診断基準(国際頭痛学会)

1.群発頭痛(Cluster headache)

A. B-Cを満たす頭痛が5回以上
B. 未治療で15~180分続く一側の眼窩部、眼上部、側頭部の高度頭痛
C. 頭痛側に頭痛発作中に次のうちの1項目以上がある

  1. 結膜充血

  2. 流涙

  3. 鼻閉

  4. 鼻汁漏

  5. 前頭部、顔面の発汗

  6. 縮瞳

  7. 眼瞼下垂

  8. 眼瞼浮腫

D. 頭痛発作頻度:2日に1回~1日8回
E. 器質疾患が否定できる

群発型頭痛: テキスト

群発型頭痛の治療

□ 群発頭痛の発作時治療法

酸素吸入

  • 7リットルの酸素を15-20分吸わせる。有効率は7割

  • 酸素による血管収縮作用とCGRP(発痛物質)の減少効果


スマトリプタンの皮下注射 通常は3mg、最大6mg可能(保険適応)

  • 15分での有効率は74%


経口ゾーミックでも有効(保険適応外)


エルゴタミン製剤

  • 余り有効ではない


鎮痛剤、麻薬

  • 余り有効ではない

  • 睡眠を規則正しく

  • 昼寝を避ける

  • アルコールを避ける


□ 群発頭痛の予防法(全て保険適用外)

  • ワソラン 240mg-360mgくらい(推奨B)

  • ミグシス、テラナス(推奨C)

  • エルゴタミン 2-3週間毎日夕方内服(推奨C)

  • 副腎皮質ステロイド 40-60mg/1日(推奨C)

  • リーマス 1日 600-900mg(推奨C)

  • デパケン 600-1200mg(推奨C)

  • 神経ブロック(保険診療)

  • ガンマナイフ治療(自由診療)

  • ボトックス著効例あり(自由診療)

群発型頭痛: テキスト
bottom of page